基本理念 BASIC PRINCIPLES

 スポーツで子供たちを元気に!

スポーツで地域を元気に!

スポーツで日本を元気に!


指導方針 POLICY OF THE COACHING

◎楽しむことからスポーツは始まる

◎あいさつは一番大切なコミュニケーション

◎仲間を大切にする心を育てる

◎チャレンジする気持ちを育てる

◎自分で判断出来る力を育てる

◎将来を想像し可能性を最大限に引き出す

◎安全で安心してスポーツを楽しめる環境を創る


【保護者の皆様へ】

当クラブは保護者の負担(保護者会、当番制、車出しなど)は一切ありません。

生まれた時から「表現」を始める子ども達は、プレ・ゴールデンエイジ(~10歳)ゴールデンエイジ(10~13歳)~ポスト・ゴールデンエイジ(13歳~18歳)という段階は全てのスポーツにおける「育成段階」であり、この時期の動き作りや楽しい体験、発育に合ったトレーニングが、生涯にわたりスポーツを楽しむ基礎となる部分であり、また子ども達がスポーツ好きになる最大のチャンスでもありす。

小学校~中学校の段階では発育の個人差が±4歳程度あるといわれています。

それぞれのお子様に合ったレベルでのトレーニングが将来の可能性を最大限に伸ばせると考えています。

目の前の結果ではなく、将来を見据えたスポーツ指導が求められる時代です。

日本では小さい頃から1種目のスポーツに絞る傾向がありますが、海外では子供の頃から色んなスポーツ経験を経験できたり、それぞれのスポーツの多様な動きをトレーニングに取り入れています。

最近の日本のトップアスリートの中にも他のスポーツを経験している若い選手が増えてきているのはご存じの方も多いと思います。

俗にいう「運動神経」は子供の頃の運動経験により形成されていきます。

「歩く」「走る」「跳ぶ」「蹴る」「投げる」「捕る」「打つ」など、それぞれの動きの正しいフォームを覚えることで子供たちはどんどん伸びていきます。

ご両親がスポーツ万能なのに、お子さんが伸び悩むのはこうした多様な運動(トレーニング)を経験させることで改善していきます。


一般社団法人ジュニアスポーツデザイン

 

福岡市南区野間1-5-5池田ビル1F  

TEL / FAX : 092-552-2112   

mail : info@vrains-sportsclub.com

代表理事 松浦久雄

理  事 森下潤一

理  事 宮原 豊

 

海外で広がっている「ソーシャルスポーツクラブ」を目指して!

ブレインズ・スポーツクラブは、非営利法人「一般社団法人ジュニアスポーツデザイン」が運営している総合型スポーツクラブです。

スポーツ普及振興と青少年の健全育成及び地域で「生涯スポーツ」を楽しめる環境を作っていくことにより、海外の「ソーシャルスポーツクラブ」のように、地域の子供たちから大人までが参加でき、楽しさを共有し、子供たちの成長をスポーツを通して見守れる「スポーツコミュニティー」をつくりたいと考えています。